コンプレックスでいっぱいだった


日商簿記といったら、とても難しい検定試験です。


3級をとれば、なかなか賢い人という感じです。


それが2級となれば、
30パーセントから40パーセントの
合格率という難関です。



小森ユウタさんは、その難しい
日商簿記2級を独学でとった人です。


スクールに通ったり、通信教育などを使うと、
とても高額な金額になります。


でも、お金をかけずに日商簿記2級をとった
小森ユウタさんは、どんなことをしたのでしょうか。


なんとテキスト2冊のみで合格したそうです。


天才だったんだろう、といわれそうですが、
決してそういう人ではなかったそうです。


高校時代の成績は常に下から数えて1、2番!?


そしてやっと入った私大でも、
勉強もろくにせず、だらだらしていたそうです。


自分はなんて頭が悪いんだろう、という
コンプレックスでいっぱいだったそうです。


でも、これではいけないと考えます。


自分なりの効率的な勉強方法を考えました。


なかで、これは他でも使えるなと思った内容に、
勉強を長続きさせる方法のひとつとして、
時計を常に意識して過ごすことをあげています。


また、丸暗記をしてから、
理解をするとよい、ということも言っています。


小森ユウタさんの、簿記検定勉強法、
今勉強が思うようにいかないと悩むひとにも、
ヒントがいっぱいですよ。



詳細はこちら


Lotus Notes