大学生時代にはすでに身に付けている


坪義生ってどんな人でしょう。

社会保険労務士の坪義生は、坪式学習法という、
独学で最短合格を目指せる社労士試験勉強法
確立した人物です。


明治大学政治経済学部を卒業し、
千葉大学大学院社会科学研究科で修士課程修了、
という学歴をお持ちです。


社労士試験勉強法でその道の人達に知られていますが、
行政書士、宅地建物取引主任者の資格も大学在学中に
取得しています



時間を無駄にせず、効率よく資格を取得する術を、
大学生時代にはすでに身に付けていることがわかります ね。


坪義生はその後、厚生省特殊法人(社会保険診察報酬支払基金)、
衆議院議員秘書、経済系シンクタンクなどで活躍します。


さらにそれらの経験を経て、
じんじ労務経営研究所を開設したり、
厚生労働省の管轄である労働基準監督署相談員を
委嘱したりと過ごします。


坪義生が社会保険労務士になるための
試験勉強法を教えるようになったのは、
1992年以降です。


スクール講師活動として講座を持つようになりました。


国家試験である行政書士試験、宅健試験、
司法書士試験なども社労士試験とともに講師を
務めています。


講座の動画などでも坪義生その人のひととなりが知れるでしょう。



詳細はこちら

Lotus Notes